• 連載数:全5回
  • 紹介文:ドキドキ感は長きにわたってふたりを幸せにしてくれるので、二人でドキドキを多く経験することがお勧めです。
2015.08.03

初めてづくし

初めてづくし出会いの機会は、人生で何度か訪れるものかもしれませんが、それによって得られる経験は、同じ「交際」であっても全く違うものになるのが当然です。
以前の交際相手とは違う人と出会い、始まるのですから、当たり前だと考える人は多いでしょうが、人は知らず知らずのうちに、自分の中に「経験則」というものを作り出してしまい、似たようなパターンに遭遇するとそれに当てはめて考えようとする傾向があるので注意が必要です。
言ったように、交際という経験をすることは一緒でも、その相手は全く違うのですから、当てはめてみたところで意味はないのです。

誰かと交際をする、交際を始めるという行為は一緒でも、相手が変われば考え方もものごとの受け取り方も違うのですから、経験則が当てはまらないのも当然のことですし、何より、新しい恋が始まるとドキドキするのが、かつてとは違う証拠ではないでしょうか。
ドキドキが潰えて、けれど関係が深まることがなかったからこそ前の恋は終わったのであって、そのドキドキが帰ってきたということは、新しい恋が始まったという証拠なのです。

ですから、経験則を持ち出しそうになった時は自分を戒めるべきですし、何もかもが初めての経験なのだということを心に留めて、十分にそのドキドキをふたりで味わうべきでしょう。
恋は人をポジティブな気持ちにし、ドキドキは高揚感をもたらし、高揚感は人を楽しい気持ちにさせてくれます。
ですから、ポジティブなうちにできるだけ高揚感を味わえる経験をしておくことが大切ですし、それは、その後のふたりの関係にも大きく関わってくることから、重要視しておくべき事柄でもあるのです。

どれだけ多くの出会いを経験していても、恋はその都度、初めて経験するものなのです。
ですから、その一期一会を大事にし、できるだけ豊かな経験ができるよう努力をすることがお勧めですし、そうした経験をすることが、長く良好な関係を続けてゆくための秘訣でもあるのです。