• 連載数:全5回
  • 紹介文:パートナーとの気楽な関係を築きましょう。互いの行動をある程度自由を認めること、そうすることこそが信頼を深めます。
2015.08.10

束縛しない関係

束縛しない関係あれこれと理由をつけて行動を抑制したり束縛したりすることと、身を案じてくれているということとはイコールではありません。
世の中には束縛されることを愛情だと感じる人もいるようですが、それは愛情から行われる行為ではなく、自分の思い通りに恋愛が進まなければ気が済まないという身勝手さの表れですが、みなさんはどう思いますか。

出会いから間もない時期には、相手から「そうして欲しい」と望まれなくても、進んで自らの行動を抑制し、ふたりのための時間を作ろうとする人は多いですが、それは交際発展のために必要な行為であることからストレスを感じることはほとんどありません。
出会いからしばらくは、むしろ、互いを縛りあうような窮屈な関係を楽しいと感じることも多いのも事実です。

ですが、交際期間が長くなってくると、周りとの人間関係にも目が向けられるようになってきますし、自分の行動についていちいち確認されることを「監視されているようで不快」だと感じる人も増えてきます。
ですから、今後も交際の発展を願っているのであれば、互いの行動についてはある程度の自由を認めることが大切であり、そうすることこそが信頼を深めてもくれることからお勧めです。

自分の方から相手へと近況を報告し、それを相手が嘘偽りないと信用してくれる関係こそが大切であり、そういった関係になれるよう努力することが重要なのです。
互いの気持ちを意識しすぎた行動を取らないことや、相手の機嫌を窺ってばかりいると、恋愛自体を楽しく感じられなくなってくるので注意が必要でしょう。

互いが、相手から信頼されていると感じられ、自由を保障されていると感じられる関係こそが望ましく、また、そうした関係にある時こそ、余裕が生まれ相手を思い遣る気持ちが生まれるものなので、「好き」という気持ちで相手をがんじがらめにするのではなく、ある程度の気楽さ、ゆとりが感じられる交際を心がけましょう。
それこそが、長く良好な関係を続けるためには必要なのです。