• 連載数:全5回
  • 紹介文:パートナーとの気楽な関係を築きましょう。互いの行動をある程度自由を認めること、そうすることこそが信頼を深めます。
2015.08.10

一番の理解者であること

一番の理解者であること出会いを求める人の多くが、交際が成就したなら恋愛に重きを置いて過ごしたい、相手を大切にしたいと考えています。
ですが、中には、交際を始めたことで今までの交友関係を疎かにするようなことはして欲しくない、相手には「その人らしく在ることを望む」という人もいるようです。

出会いから交際へと進むと、関係を深めるためにデートの時間を作ろう、互いについての情報を収集する機会を設けようと考える人は多く、実際そうすることで関係は深まってゆくものです。
ですが、一日の長さは決まっていて、就業時間などを差し引くと自由になる時間というものは然程多くはありません。
その中から交際に充てる時間を取ろうとすると、睡眠時間を減らしたり、他の交友関係に充てる時間を減らしたりするしかないと考えてしまうのも無理はありません。

とはいっても、睡眠時間や入浴、その他の生活に充てる時間を減らすことは社会人としての信用に影響が出かねないので、必然的に交友に充てる時間が減ってゆくものです。
それは、今まで築いてきた交友関係を蔑ろにしているということでは決してなく、友人たちも、交際直後はデートに時間を充てたいものだということを理解していることから、直ぐさま関係が拗れるということはないのですが、交際相手によっては、そうした関係の維持にも努めて欲しいと考えていることもあるようです。

それは、あなたが「想われている」という証拠でもあります。
あなたが築いてきた人間関係を大切にしたいという考えを持つ恋人というのは、とても素晴らしい存在ではないでしょうか。
ですから、「友達との時間も大切にして欲しい」など、周りの人間関係へと向けたアドバイスを恋人にもらった時などは、恋人の紹介も兼ねて、友人との交流の機会を設けることがお勧めです。

また、相手がそうであってくれたように、あなたの側も相手の持つ人間関係へと目を向け、互いが互いにとっての一番の理解者になれるよう心がけた方がよい未来につながりますよ。