• 連載数:全5回
  • 紹介文:パートナーとの気楽な関係を築きましょう。互いの行動をある程度自由を認めること、そうすることこそが信頼を深めます。
2015.08.10

好きを伝え合うこと

好きを伝え合うこと恋愛とは別の次元で、好きなものがたくさんあるという人は多いのではないでしょうか。
その多くは趣味にまつわることで、旅行が大好きだという人もいれば、ライブやイベントなどで盛り上がったりアフターを楽しんだり、趣味の仲間と過ごす時間を大切にしているという人もいます。

そうした趣味や楽しむための時間を持っている人の多くは、出会いから間もない頃には、そうして楽しむことがあるのだということを交際相手に話さなかったり、そのために使う時間をデートに充てたりと、「我慢」して過ごすことが多いようです。
それは、せっかくの出会いをふいにしてしまいたくないと考えたり理解し合うための時間を取ることが優先だと考えたりした結果のようですが、相手がそうして欲しいと望んだのでなければ、楽しみや趣味に関する事柄を我慢することはやめた方がいいでしょう。

そうするべきだと考え実行してしまった場合、相手にとっては、あなたが「我慢すること」が「当たり前」になってしまう可能性もあるからです。
相手に望まれた場合にも、自分にはそうした趣味や楽しみがあるのだということは明らかにしておくべきですし、時には自分の気持ちや趣味の仲間を優先することも大切です。

それは、相手にも、そうして優先したい事柄がこの先出てこないとも限らないからでもありますし、互いを自分の思い通りにしようと考えることは、恋愛においてよくない傾向だからでもあります。
相手の楽しみを自分の都合で奪うのではなく、互いが互いの好きなものや、楽しみについて伝え合い、それを一緒に楽しんだり、その場へと快く送り出してあげられる関係こそが、信頼を深め、関係をより良好にしてくれることからもお勧めです。

相手の自由を保障することは、自分の自由もまた保障されることだと考えて、互いが相手に対して窮屈さを感じずに過ごせる環境を作ることが大切であり、そう在れるよう努力することは、将来にわたって良好な関係を維持するためのコツでもあるのです。