• 連載数:全5回
  • 紹介文:パートナーとの気楽な関係を築きましょう。互いの行動をある程度自由を認めること、そうすることこそが信頼を深めます。
2015.08.10

恋も友達も大切にする

恋も友達も大切にする交際相手が欲しいと考え赴いた出会いの場で、相手の人なつっこさが気に入って交際に至ったというケースは、意外と多いのではないでしょうか。
人当たりがいいというのは、それだけでもう「美点」のひとつだということができるのです。
ですから、出会いの場では、美人であったり格好良かったりすることよりも、愛想のいい、人なつっこい人ほどチャンスをものにできる傾向にあるようです。

また、そうした相手とであれば、交際当初の緊張感が軽減されることから関係が深まるのも早く、友人や家族への紹介も一般的なケースより早くなることが多いようです。
人は、第一印象で相手を判断することが多く、だからこそ愛想がいいことや人なつっこいことは好印象をもたらし、人との距離を早く詰めてくれるのかもしれません。

ですから、恋人は欲しいけれど、友人や家族との時間も大切にしたい、これまで築いてきた関係を蔑ろにしたくはないと考えている人は、こうした性格面を考慮して恋人を選ぶべきでしょうし、相手がフレンドリーな性格であると判断できたなら、互いの交友関係を含めた人間関係を形成する努力を始めた方が良い結果につながります。

優先すべきは恋人ですが、それを友人たちにも知ってもらった上で、一緒に行動したり、何かを楽しんだりできるというのは、交際当初にはなかなか経験できないことですし、そうできる相手に出会えたことに感謝ですね。
気楽な関係であり、どちらもが楽しく過ごすことができるというのは、恋愛において願ってもないことですし、互いにそう思えているのであれば、これからもより良好な関係を築いてゆくこともできると思いませんか。

恋愛が始まると、人はどうしてもそちらにばかり意識が向かってしまい、生活や交友関係を疎かにしてしまいがちですが、相手によっては、そうした不具合を解消することも可能なのだということを心に留めて交際相手を見つけに行くことがお勧めですし、そうした気持ちを持っていることを相手に伝えてから話を進めるべきですね。