• 連載数:全5回
  • 紹介文:一緒に過ごすばかりが距離を縮める方法ではあらず、恋人との予定を詰め過ぎず程よい距離を保ちましょう。
2015.08.31

旅行はゆとりを持って

旅行はゆとりを持って何らかのきっかけで出会いが訪れた場合、あなたは恋人と何をしてみたいと考えるでしょうか。
多くの人は「デート」と答えるでしょうが、デートにもさまざまな方法があります。
ショッピングやテーマパークに行くなど、デートの目的はいろいろありますが、中でも、「旅行」は少し特別なポジションだと考えている人は多いのではないでしょうか。

旅行などの泊りがけのデートは、出会いから少し時間が経ち、互いに対する理解が進み関係が親密さを増してからでなければなかなか誘えないものですし、そうでなければ誘われた方もためらうことでしょう。
それは、互いの距離が縮まらないうちは沈黙が怖いからであり、ふたりきりの空間で気まずい思いをしたくないという気持ちが働くからなのです。
ですから、日帰り旅行であればともかく、お泊りの場合には関係が少し進んでから誘った方がいいでしょう。

また、旅行を計画する際には、気をつけた方がいいいくつかの事柄があります。
最も大切なのは、せっかくの想い出づくりなのですから、あまり欲張らず、ふたりで過ごすことを大切にするということです。
そのためには、行きと帰りの時間だけをしっかりと決め、間の予定は臨機応変に変更できるよう、余裕を持った計画にしておくことがお勧めです。

旅行先ではいつアクシデントがあるか分からないので、食べるところにしろ、見るところにしろ、「絶対にここ」と決めつけて行くのではなく、第二候補や第三候補を調べておい、時間や相手のペースを考えながら、柔軟に変対応できるようにしておくことが重要です。
そうできるよう準備をしておくことは、あなたの好感度を上げてもくれるのでお勧めです。

また、天候によっても楽しみ方は変わってくるので、事前に調べるだけでなく、急な天候の変化に対応できるよう準備しておくことも大切です。
女性は買い物好きな人が多いので、土産店や雑貨店に立ち寄る時は、急かしたりしないことも仲良くなる方法のひとつでしょう。