• 連載数:全5回
  • 紹介文:一緒に過ごすばかりが距離を縮める方法ではあらず、恋人との予定を詰め過ぎず程よい距離を保ちましょう。
2015.08.31

恋も仕事も大切です

恋も仕事も大切です今まで、なかなか好みの人との出会いがなかった、話の合う人に巡り会えなかったという人が理想の恋人を得た場合、積極的にコンパなどに参加している人よりも、「この出会いを大切にしたい」と思うものなのではないでしょうか。
プレゼントをしたり、旅行の計画を立てたり、休日にはできるだけ多く一緒に過ごしたいと考える人は少なくないことでしょう。

自由時間を確保したいがために、平日の残業時間を増やすという人もいるかもしれませんが、そうして時間を作ることも時には大切ですが、長いスパンで見た場合には、あまり良い結果には繋がらないのでお勧めはできません。
恋人のために自由時間の全てをつぎ込んでしまうことも、そのために仕事のスケジュールを詰めることも、心から余裕を奪う行為でしかないからです。

心から余裕がなくなるということは、ストレスが溜まるということです。
ストレスは心を壊し、恋愛に対する余裕も奪ってしまうので注意が必要です。
自分の生活を損なわない範囲で恋人と過ごすことが大切であり、自分の健康を損なわない範囲で働くことが望ましいのです。

ドラマなどでは、「恋人と仕事のどっちが大事なのか」といったセリフがよく使われますが、私生活を潤いあるものにするためには恋人が大切であり、その恋人と楽しく過ごすためには資金が必要なのですから、どちらかがより大切という話しではありませんし、そもそも比べるべきものでないことは、同じ社会人であれば理解できているはずです。

恋と仕事を両立させるためには、どちらの予定も詰め過ぎないことが重要です。
恋を進展させるためには、心に余裕が必要で、そのためには根を詰めて働き過ぎないことと、しっかり食べてしっかり眠るための時間が必要なのですから、時にはデートに充てようと考えていた時間を自分のために使うことも大切なのだということを覚えておいてください。
「恋は駆け引き」という言葉の通り、一緒に過ごすばかりが距離を縮める方法ではないのです。