• 連載数:全5回
  • 紹介文:一緒に過ごすばかりが距離を縮める方法ではあらず、恋人との予定を詰め過ぎず程よい距離を保ちましょう。
2015.08.31

スローラブのススメ

スローラブのススメもし、あなたが出会いの機会を得たばかりであれば、恋に溺れてしまわないよう気をつけた方がいいでしょう。
出会いから間もない時期というのは、何をしていても楽しいものです。
楽しくてたまらないからこそ、一緒にいたい、この恋を目いっぱい謳歌したいという気持ちをどちらもが抱くでしょうが、好きなものを毎日お腹いっぱい食べ続けると短期間で飽きてしまうように、恋もまた欲張り続けると楽しさを見落としてしまったり、あらが目についたりするようになってしまうので、時には「時間はあるけれど会わない日」や「休養日」を作ることが大切です。

人の生活は、恋愛だけで成り立っている訳ではなく、自分を自分らしく保つためには食べたりものを学んだり、更には生活にまつわるあれこれを行わなければなりません。
恋人と会うための清潔な衣料は洗濯が必要ですし、美容を保つにはバランスの良い食事も心がけなければなりません。
もちろん、ストレスを解消するためにも、健康のためにもしっかり睡眠時間を確保することも大切です。

ですが、恋に溺れてしまうと、そうした日常から手を抜こうと人は考え始めます。
恋人と過ごすことが楽しくて、「これは後回しにしよう」「これは誰かにやってもらおう」といった気持ちが働くようになり、周りとの関係がぎくしゃくしてしまったり、するべき事柄が山積してしまったりと、あなたらしくない状況に陥ってしまいがちです。

そうして身の回りのことが上手くゆかなくなると、恋もまた上手くゆかなくなるものなので、恋人やその恋が大切なのであれば、周りとの関係を損なわないよう気をつけながら、そして自分の身の回りのことを丁寧に行いながら恋を楽しむ方法を探すべきでしょう。

早く仲良くなりたい、親密な関係になりたいと考える人は多いでしょうが、恋はじっくり時間をかけて育てた方が壊れにくくなるものですし、頑丈な絆を作ってもくれるので、欲張らず焦らず、互いの生活を大切にしながら育てることが重要です。