• 連載数:全5回
  • 紹介文:愛されてると思う瞬間を噛みしめることでお互いを思いやり関係を深めていくことが出来ます。
2015.09.14

気遣いの言葉

写真さまざまな理由や条件のもとで出会い交際が始まった当初は、互いに対してとても気を遣っていたのではないでしょうか。
それは、せっかくの出会いをふいにしてしまいたくないという気持ちからであり、相手により好ましく思って欲しいと考えていたからでしょう。
そうした気遣いや労りの心が、ふたりの関係を深めたり、絆を強くしていったことは確かです。

ですが、互いに対する理解が進んでくると、そうした気遣いや労りを言葉にする機会は少なくなってくるものです。
それは、そうしなくても伝わるだろうという驕りや甘えが出てくるからなのですが、逆の立場になって考えてみれば分かる通り、そうした言葉をかけられることはとても嬉しいものですし、愛されていることを実感させてもくれるのでとても重要だと言うことができます。

むしろ、出会って間もない頃よりも、関係が深まってからの方がそうした言葉を使ってコミュニケーションをとることが大切ですし、それは、将来を見据えているのであればなお更です。
家庭を持って以降の不和の原因として、「思い遣りが感じられない」「以前のようなコミュニケーションがとれなくなった」といった内容をあげる人は多く、そのことからも感謝や労わり、気遣いの言葉がどれほど大切なものであるのかが理解できることと思います。

「以心伝心」という言葉がありますが、現実は、言葉にしなければ分からないことの方が多いものなのです。
また、「そうなのだろうな」と感じていることであっても、言葉にされることで実感を深めることができますし、長く心に残ることにもなるのでお勧めでもあります。

感じていることや思っていることを伝え合うことは、互いへの理解を深めてくれますし、愛情についてを言葉で表すことは絆を深めてもくれます。
言葉にする機会が少ないと言われている日本人であればなおさら、意識して伝えることが大切ですし、それが長く良好な関係を築くためには必要なのです 。