• 連載数:全5回
  • 紹介文:あの人に運命を感じたら時に身を任せても何も始まらないので興味を持たせる為にも即行動しましょう。
2015.09.21

同じ行動を繰り返す

同じ行動を繰り返す人は毎日誰かに出会います。
立ち寄った喫茶店や書店など、実はあらゆる場所に素敵な出会いは潜んでいるのです。
ではなぜ運命の出会いに繋がらないのでしょうか。
それは日々出会う人々にとって、あなたは他人と同様であり、特別に興味をそそるきっかけも無いからです。
だからといってあきらめる必要はありません。
人間の認知メカニズムを利用することで、あなたを特別目立たせるイベントがなくとも相手の興味を引くことができるのです。

気になる相手を見つけたら、繰り返しかつ自然に相手の目に触れるようにしましょう。
鳥の雛が初めて見た動くものを親と認識する「刷り込み」という現象があります。
実はこれに似ているものが私たちにも備わっており、人間には繰り返し見たり聞いたり接触したりするものに対して次第に好感を持ち始めるという傾向があるのです。
ですから、新たなチャンスを求めていろいろな場所に出歩くよりも継続的に同じ場所を訪れる方が、素敵な出会いの確率は高くなるのです。

また、同じ場所を訪れるだけでなく同じ行動を繰り返すことが重要です。
特に同じ5W1Hの組み合わせを繰り返すとより効果的です。
例えば、あなたが好意を寄せる相手が喫茶店の店員であると想定しましょう。
ここであなたが取るべき行動は、ただ繰り返し来店するだけでなく、だいたい同じ曜日、同じ時刻に入店し、同じものを注文することです。

これを繰り返すことで相手の心には、「あの人はいつもどこに行くのだろう」「仕事帰りなのかな」などと、いつの間にかあなたに対する興味がわき始めるはずです。
あなたに対する既知情報が増えていくにしたがって見知らぬものに対する不安が取り除かれるため、あなたと大衆との相違点にも注意が向かうようになり、徐々に個人として見られはじめるのです。
個人として見られる段階に入れば、簡単な会話等を通してさらに距離を縮めていけるでしょう。

いかがでしょうか。
今回は特別なハプニングがなくとも相手の心にあなたの存在を刷り込むテクニックを紹介しました。
少々時間はかかりますが、「恋は焦らず」です。
さっそく明日から始めてみましょう。