• 連載数:全5回
  • 紹介文:男女間の友情は有りか無しかは永遠のテーマですが、理解あえている人だからこそ恋愛関係になるとうまく継続できます。
2015.10.06

恋は予測不能

恋は予測不能数年来の友人が、ある日突然異性に見えるようになるということはよくあることです。
そうして恋に落ちてから、改めて「あれが出会いに当たるのか」と、意識していなかった当時を振り返ったという人も少なくないのではないでしょうか。
出会いは、いつどんな形で訪れるか分かりませんし、恋は、あなたがそれを拒もうとしたところで拒めるものではないのです。
気付けはそこに芽生えている、それが恋心というものなのです。

ですから、「このまま友人として長く関係を続けてゆきたかった」と願ったところで、恋へと変わるきっかけが訪れてしまえば、それを諦めて受け入れるしかありません。
もちろん、両者間で話し合い、「友人」という枠に関係を無理矢理押し留めることはできるでしょうが、それは苦痛を長引かせることになるだけでなく、「友人」として築いてきた関係をも壊してしまいかねない行為なのでお勧めはできません。

「男女間で友情は成り立つか」というテーマは、雑誌やメディアなどでもよく取り上げられていますが、成り立つ人たちもいれば、成り立たず恋へと進んでしまう人たちもいて、それは、「そのきっかけがくるかこないか」の違いだとしか言うことができません。
そして、上記のように、「こうありたい」と願ったからといって、きっかけが訪れないことはないので、男女間における友情については、「予測不能である」とするのが正しいのでしょう。

ですが、互いにとって、友人としての姿が素晴らしかったからこそ、それが恋心へと発展したのだろうことを考えると、それは悲しむべき事柄ではありませんし、むしろ、新たな関係をどういう形で育ててゆくべきかを前向きに考えるべきなのではないでしょうか。
「友人であり続けたかった」と立ち止まるのではなく、友人として大切だった人であり、そのひととなりをよく理解している人とだからこそ築くことができる新しい関係なのだと考え、恋を始めてみるのもいいのではないでしょうか。