• 連載数:全5回
  • 紹介文:男女間の友情は有りか無しかは永遠のテーマですが、理解あえている人だからこそ恋愛関係になるとうまく継続できます。
2015.10.06

大切な人だから

大切な人だから同級生だったり同じクラブ活動に参加していたのだったり、または友人を介して知り合ったのだったりと、友人ができるきっかけというのはさまざまでしょう。
それもまた、人と人との出会いの形のひとつであり、そのまま長く友人関係が続くこともあれば、ある日突然それが恋心へと変わることもあるでしょう。
「そうした相手を望んでの出会いではなかった」と、自分に芽生えたその気持ちを否定する人もいるでしょうが、友情が愛情へと変わることは決して悪いことではないので、自分の気持ちを否定することはしない方がいいのではないでしょうか。

恋心へと変わったということは、あなたがそれだけ相手をよく観察し、そのひととなりを理解していたということでもあります。
そこには、男女間だからこそ見つけられた長所というものも含まれているのでしょう。
ですから、恋心へと変わったのは、むしろ必然だったのかもしれません。

何ごとかを一緒に楽しむ友人としてだけでなく、時には相談相手として、関係を育んで来た相手との恋は、一から関係を築かなければならない人たちよりもスムーズに、そして遙かに容易く関係を深めてゆくことができるでしょう。
そして、もとより大切な相手であったことから、互いを思い遣ったり労わったりする気持ちも強く、しっかりとした絆を持つことができるのではないでしょうか。

友人としての距離感が好きだったと言う人もいるかもしれませんが、そうした距離を無理矢理変える必要はありませんし、世の中にはそうした距離を維持したまま、恋愛関係を深めているカップルもいるのですから、ことさら「何かが変わってしまう」とは考えない方がいいのかもしれません。

互いに、「他の友人とは違う、一番大切な人だということに気付いた」というだけのことであり、友人であった時に築いたものが壊れてしまう訳ではないのです。
ですから、変わることを恐れずに、互いの手を取り合うことを考えてみることが大切なのではないでしょうか。