• 連載数:全5回
  • 紹介文:男女間の友情は有りか無しかは永遠のテーマですが、理解あえている人だからこそ恋愛関係になるとうまく継続できます。
2015.10.06

愛情と友情の選択

愛情と友情の選択メディアや雑誌などでよく取り上げられる話題のひとつとして、「友情と愛情のどちらを選択するか」というものがあります。
つまり、何ごとかがあった時、友情を優先させるのか、それとも恋人を優先させるのかという質問です。
そもそも、関係性としては全く別なため、それらを比較すること自体意味のないことなのですが、世間では往々にして友情よりも恋愛の方を優先させるべきだという意見が勝っているようです。

それは、出会いがあった時の経験を基にしている意見なのかもしれません。
出会いがあり恋人ができると、その人との関係を深めたいという気持ちから、友人と過ごす時間を減らしたり、約束をキャンセルしてしまったりする人は多く、そうした経験が「友情よりも恋愛」という式を人の中に作ってしまったのでしょう。

本来であれば、どちらをも大切にするべきであり、むしろ、何ごとかがあった時に頼りになるのは友情の方だということができるので、恋人ができ、そちらと過ごす時間を優先させたい場合には、友人にそうした事情を理解してもらう努力を行うべきでしょう。

ですが、愛情と友情を選択しなければならない時というのもあるのです。
それは、友人から告白をされた時です。
昨日まで友人として見ていた相手から告白された場合、あなたは戸惑いを覚えるかもしれませんし、嬉しいと感じるかもしれません。
戸惑うと言う人は、恋愛対象として考えたことがなかったからであり、この先も友人としての関係が続くと考えていたからでしょう。
その場合には、その気持ちを受け取るのかを真摯に考えなければなりません。

また、あなたが告白した側であり、相手に戸惑いを見せられた場合には、その気持ちを受け取ってもらえるよう努力を続けるのか、今まで通り友人として付き合い続ける努力をするのかを選択しなければならないかもしれません。
ですが、告白をした場合であってもされた場合であっても、元通りの友人関係にすっぽり収まることは不可能なので、告白をしようと考えている側は、先ずそのことをしっかり考えてからするべきかもしれません。