• 連載数:全5回
  • 紹介文:男女間の友情は有りか無しかは永遠のテーマですが、理解あえている人だからこそ恋愛関係になるとうまく継続できます。
2015.10.06

新しい関係

新しい関係友人として出会い、長く良好な関係を築いてきたのに、ある日突然その友人を異性として意識してしまうというのは、何もドラマやコミックの中の出来事とは限りません。
むしろ、友人として長く見てきた相手だからこそ、人柄の良さや長所に気付けたのだというケースもあるのではないでしょうか。
そんな風に、出会いは意外な形で訪れることもありますし、いつそうした恋心が芽生えるのかは誰にも予想はできないのです。

そうして告白された場合、戸惑うのはそうされた本人よりも、むしろ両者を友人として見てきた周りの方かもしれません。
中には、「そんな気がしていた」「好きなんだろうと思っていた」という人もいるかもしれませんが、そうした人たちにしても、関係性が変わることに変わりはなく、交際が始まった当初は互いにいろいろと気を遣うことになるかもしれません。

ですが、多くの場合ふたりのひととなりを理解していることから、自分たちを含めた関係が変わってしまうとしても、祝福してくれる人が多いのではないでしょうか。
晴れてカップルとなった方は、そうしてくれることを当然とは思わず、関係が馴染むまでそれ相応の気遣いを続けることが望ましいでしょう。

友人から恋人へと関係が変わったことで、今まで築いてきた友人との関係が変わってしまうということはないでしょうが、当然のようにふたりで過ごす時間は増えるでしょうから、友人たちに対する気遣いはできるだけ行うべきなのです。

また、恋人になったことで見えてきた部分や、長く友人として過ごしてきたにもかかわらず知らなかった部分というものもあるのではないでしょうか。
ですから、「知っている」つもりにならず、他の交際当初のカップル同様、互いについての情報交換は進んでするべきですし、今まで以上にそのための時間を持つことも大切です。
新しい関係は始まったばかりなのですから、関係を深めてゆく作業も、ここから新たに始めるべきなのです。