• 連載数:全5回
  • 紹介文:同棲は事前にどれだけ準備を整えられるかが成功のカギを握っているのでルールを作っておくことをお勧めします。
2015.10.20

互いをより知るために

写真交際相手が欲しいと考えている人の多くは、実際にできた場合の、さまざまな計画を立てているのではないでしょうか。
まずは出会いの機会を得ることが重要であるにもかかわらず、出会い後はあんなことがしたい、こんなこともしてみたいと、期待や夢をどんどん膨らませている人もいることでしょう。
中には、出会いのシーンやデートについての想像を跳び越えて、一緒に暮らすことを夢見ている人もいるかもしれません。

交際相手が見つかり関係がうまく進めば、やがて同棲という話にもなるかもしれませんが、そうできるような関係を築くためには、まずは現実を見つめることが大切です。
それは交際相手と出会う機会を設けるということだけでなく、交際にはとかくお金がかかるという事実を認識することであったり、万が一、自分の部屋で同棲を始めることになった場合に備えて、整理整頓の習慣を身につけたりするなど、自分の生活環境を見直すことや、備えについて考えることから始めることが大切です。

同棲を、「より仲良く、楽しく過ごすために行うこと」と考える人もいるかもしれませんが、本来は、「将来家庭を築くための予行演習」であり、「互いのひととなりをより理解し合うために行うこと」でもあるのです。
ですから、楽しいことばかりではないだろうことも覚悟しておかなければなりませんし、もしそうした事態に遭遇した場合、積極的に話し合ったり問題を解決するための努力ができるかどうかなど、自身の心の成長加減について考える必要もあることでしょう。

もちろん、交際相手を選ぶ際にも、相手がどんな考え方を持っているのかや、そのひととなりを理解するための努力ができる相手かどうかをしっかり見極める必要があるでしょう。
もし、あなた自身が、デートや同棲の「楽しい部分」についてしか考えられないようであれば、相手についても、同じような考えを持った人を選ぶべきですし、長く将来を共にできる相手をと望んでいるのであれば、そうした意向を伝えて、やはり同じ考えを持っている相手を見つけることがお勧めです。