• 連載数:全5回
  • 紹介文:同棲は事前にどれだけ準備を整えられるかが成功のカギを握っているのでルールを作っておくことをお勧めします。
2015.10.20

事前の準備が大切

写真恋人が欲しいと考え、友人の紹介やイベントで出会いの機会を得たという人は、まずは互いのひととなりをしっかり理解するためにもデートを行うことがお勧めです。
ごく身近な場所でのデートから始めて、親しくなるにつれて日帰り旅行やお泊り旅行などへと、目的や場所、環境を変えてゆくことで、相手のさまざまな面が見えてくるだけでなく、将来どういう関係になりたいのかについても見えてくるようになることでしょう。

出会いがあれば、長く良好な関係を築いてゆきたいと考えるのは当然で、実際に交際期間が長くなってくると、次のステップについて考える機会も増えてきますし、そのための準備について考えるカップルも多くなってくることでしょう。
その準備の方法のひとつに「同棲」があります。
同棲は、互いが育ってきた環境をより具体的に知ることができる機会であり、互いのひととなりをより深く知るための機会でもあります。

「なくて七癖」という言葉があるように、人にはさまざまなクセや習慣があり、それらは、時折一緒に過ごすだけでは知ることができないものでもあるのです。
「たかがクセ」と考える人もいるかもしれませんが、時にはそれが理由となって破たんするカップルもいることから、「たかが」などと軽く考えることはせず、まずは知ることから始めるべきでしょう。
そうしたクセや生活習慣、味覚などについての理解を深めるためにも同棲は有効な手段なのです。

特に、「同棲はこれが初めて」というカップルの場合、互いについてだけでなく、生活にかかる費用をどちらがどれだけの割合で負担するかや、家事の分担などについてもしっかり決める必要があります。
負担の割合が偏ってしまわないよう気をつけることが大切ですし、分担している家事が仕事などの都合で実行できない場合どうするかについても話し合っておくべきでしょう。

同棲は、事前にどれだけ準備を整えられるかが成功のカギを握っていると言っても過言ではないので、部屋を借りることや引っ越しを考える前に、こと細かにふたりのルールを作っておくことをお勧めします。