• 連載数:全5回
  • 紹介文:同棲は事前にどれだけ準備を整えられるかが成功のカギを握っているのでルールを作っておくことをお勧めします。
2015.10.20

まずは通うところから

写真出会いの機会があり、交際が順調に進んだ場合、「次」についてを考えるカップルは多いことでしょう。
「次」についてはふた通りの道があり、「同棲」か「結婚」かに分かれます。
「結婚」を選ぶカップルの場合、既に互いの家族や友人たちへの紹介も済み、場合によっては会社の同僚や上司に対しても紹介が済んでいることが多く、交際当初から、自分たちの将来の形は結婚であると考えながら交際をしてきた人たちが多いようです。

一方、「同棲」へとコマを進めようというカップルは慎重派な人が多く、「いきなり大きな責任を負うことに不安がある」という意見や、「家族以外の人と暮らすことに不安がある」という意見の人が多いようです。
出会いの機会を得られたことは嬉しく、将来も共に在り続けたいと考えてはいるものの、生活環境が変わることが不安だという場合には、直ぐさま同棲を始めるのではなく、週末などを利用して、通い同棲から始めてみることをお勧めします。

「お泊りデートと変わらない」と考える人もいるかもしれませんが、通い同棲は、お泊りデートの時のような外食や外出は控え、自炊をしたり部屋の片づけをしたり、近くのスーパーの場所を確認したりするなど、「暮らし」に必要な事柄や、役割分担に慣れるためにその時間を充てることを目的として行うものです。

実際にふたりで過ごしてみることで、改善すべき生活習慣を見つけたり、互いに対する要望を出し合ったりする機会が増え、それらを解決してゆくことで、同棲のための準備を整えようというものなのです。
そうして不安を少なくしてゆくことは、とても大切なことなので、積極的に改善点やふたりのルール作りをすることがお勧めです。

通いでの同棲に慣れ、家事の分担やルールが決まったところで本格的な同棲に入ることは、トラブル回避にもつながりますし、ふたりにとって住みよい環境を整えるためにも重要なことなのです。
ですから、どちらもが同棲は初めてという場合にも、まずは通いから始めて、互いの生活ペースに慣れることがお勧めです。