• 連載数:全5回
  • 紹介文:同棲は事前にどれだけ準備を整えられるかが成功のカギを握っているのでルールを作っておくことをお勧めします。
2015.10.20

互いのスキルを知る

写真長く交際を続けてきたカップルの中には、「そろそろ次のステップに進もうか」と考えている人たちも多いのではないでしょうか。
出会いから順調に交際を進め、関係が深まってくると、人は将来へと思いを馳せるようになってきます。
そのためのステップのひとつが「同棲」です。

家庭を持つ前に、互いの生活習慣や味覚など、育ってきた環境によるさまざまな違いや溝を埋めておこうと考え、そのための方法として同棲を選ぶ人は少なくありません。
ですが、同棲を「一緒に住んでみる機会」としか考えていない場合、少々問題があるかもしれません。
なぜなら、同棲は、デートのように楽しいことばかりではないからです。

ひとり暮らしの経験がある人の場合であっても、自分の過ごしやすい習慣が相手に受け入れられるとは限らず、互いに融通をつけなければならなくなることもあるでしょうし、育ってきた環境についての違いや溝を埋める前に、現在の生活習慣の違いを、ふたりが過ごしやすい方法へと変えてゆく必要に駆られることもあるかもしれません。

また、実家で長く過ごしてきた同士の場合、家事のスキルがとても低いことが考えられるので、どの程度のことができるのか、互いが何を得意としているのか、どうやって助け合うべきかを事前に話し合うべきでしょう。
その場合に大切なのは、自身のスキルを過大評価しないということです。
過大評価は、のちにトラブルを招く要因になることもあるので注意が必要です。

出会いから間もない時期のように、同棲から間もない時期も相手に対する気遣いの心が強く働くため、ミスなどに対しては寛大ですが、時間が経ってくるとそれをストレスと感じるようになるので、スキルに関してはありのままを申告することが大切ですし、それを高めてゆくための努力を惜しまないことも重要です。
同棲で大切なことは、互いのスキルを正しく理解し、それを補い合う努力をすることであり、相手のスキルに対する感謝を忘れずに過ごすことなのです。