• 連載数:全5回
  • 紹介文:恋愛において関係を深めたいのであれば、自分が相手に何をしてあげたいかではなく相手が何を望んでいるかを考えましょう。
2015.11.03

頼り頼られること

写真恋というものは、どちらかがどちらかを大切にするだけでは成り立ちません。
互いに思い遣ったり、労わりあったりすることで成長してゆくものですし、そうしながら関係を深めていってこそ、強い絆が生まれるのです。
「心配をかけたくない」「頼りがいのある恋人だと思っていて欲しい」そんな理由から、頼ったり甘えたりすることをしないでいると、反対に、恋人の方は「必要とされていない」と感じたり、「力になれない」と淋しい思いをしたりするものです。

せっかく、出会いの機会を得て交際へと進むことができたのだから、恋人を大切にしたい、甘やかしてあげたいと考え、相手の望むことをしてあげたいと考えたり、先回りして気遣ったりする人は多いでしょうが、出会いというものは「ふたりいてこそ」であり、どちらかだけが愛そう、愛されようと頑張っている場合、それは片思いと変わりません。

決して、自分が交際相手に「してあげていること」に酔わず、相手もまたあなたを想い、あなたのために何かをしたいと考えているのだということを忘れずに、時に頼り、時に頼られ、互いを甘やかし合いながら関係を築いてゆくことが大切なのだということを覚えておいてください。
もちろん、愛情があるのであれば、場合によっては相手を叱ることも大切です。

「大切にしたい」「心配をかけたくない」そうした気持ちを持つことは大切ではありますが、それは、相手の気持ちを考えていないということでもあるのです。
反対に、相手の様子がいつもと違えば、あなたは「何か力になりたい」「悩みがあるなら打ち明けて欲しい」と考えるのではないでしょうか。
恋愛において、関係を深めたいのであれば、自分が相手に対して何をしてあげたいかを考えるよりも、相手が何を望んでいるかを考える必要があります。

それこそが、もっとも重要であると言っても過言ではありませんし、そうした考え方を身につけることこそが、相手が頼ったり甘えたりしやすい環境を作るためには大切なのだということをぜひ覚えておいてください。