• 連載数:全5回
  • 紹介文:恋愛において関係を深めたいのであれば、自分が相手に何をしてあげたいかではなく相手が何を望んでいるかを考えましょう。
2015.11.03

リクエストをする大切さ

写真出会いから間もない頃には、ふたりでさまざまな経験をしたというカップルも多いのではないでしょうか。
今までひとりで経験してきたことを、今度はふたりでやってみたい、やってみたいと思っていたことにふたりで挑戦することにしたなど、出会いの機会があったことで、世界が広がったという人もいることでしょう。

ですが、ある程度の時間が経つと、何かを一緒に経験することよりも、ふたりで濃密な時間を過ごすことを好むようになってくるものです。
それは、互いについての情報が充実してきたことにより、人となりや趣味、嗜好などへの理解が進み、関係が熟成期に入ったからです。
熟成期に入ると、外界からの刺激や話題が減っても、沈黙が流れたとしても、それを苦痛に感じることはなくなりますし、むしろ、それを心地良いと感じられる関係になったことを喜ばしく思うようになってくるのです。

それは、そうした沈黙がふたりの関係を悪化させるものではないということが理解できてくるからでもありますし、相手をしっかり理解しているという自信がついてくるからでもあります。
ですが、信頼関係ができたとしても、互いを頼ったり、甘え合ったりすることがお勧めです。

相手の気持ちを察することができるようになったとしても、時には自分の考えを優先して欲しいとねだることも必要ですし、相手にして欲しいことをリクエストするのもいいのではないでしょうか。
そうした「リクエスト」は、恋人に「頼りにされている」という実感を持たせますし、甘やかな気持ちを抱かせもするからです。
交際が長くなり、成熟期に入ったカップルは、恋の始めのような甘い時間を持つ機会が減ってくるので、あえて、どちらかがそうした機会や時間を演出することが大切なのです。

それは、関係をリフレッシュさせるためでもありますし、自分の気持ちを確認するためにも有効な手段なので、近頃はワガママを言っていない、何かをリクエストする機会が減ったと感じている人は、ぜひ実行してみてください。