• 連載数:全5回
  • 紹介文:恋愛において関係を深めたいのであれば、自分が相手に何をしてあげたいかではなく相手が何を望んでいるかを考えましょう。
2015.11.03

好きだからこそ

写真あなたは、恋人ができたならどんな風に交際を進めたいと考えているでしょう。
互いを労わりあったり思い遣ったりしながら関係を深めてゆきたいと考えているでしょうか。
それとも、相手に対しては極力迷惑をかけたくない、心配をかけずに過ごしたいと考えているのでしょうか。
多くの人は、出会いから間もない時期は、前者のような考え方を持っているようです。
それは、そうすることで、より相手に好ましいという感情を抱いてもらえるようになると考えているからであり、恋人とはそうするものだと考えているからでもあるのではないでしょうか。

ですが、出会いから時間が経ち、交際期間が長くなってくると、互いのひととなりについて詳しくなってくることもあり、相手がどういったことを気にする人なのかや、自分に対する信頼度についても分かってくるようになるため、人は「自分で何とかしよう」と考えたり、「ひとりで頑張ろう」と考えたりするようになるようです。

それは、信頼を失いたくないといった気持ちからだったり、迷惑をかけて嫌われたくないという気持ちからだったりするのですが、時に、そうした行動が破たんの原因になることもあるので注意が必要です。
なぜなら、相手にとって、あなたのそうした行動は、「頼りにされていない」「甘えてくれない」といった気持ちを抱かせるものだからです。

あなたは、「好きだからこそ」心配をかけたくない、迷惑をかけたくないと考えるのでしょうが、相手は、「好きだからこそ」力になりたい、支えてあげたいと考えているものなのです。
逆の立場であれば、あなたもそうした気持ちを抱くのではないでしょうか。
むしろ、そうさせて欲しいと思うはずです。

ですから、自分ひとりで「そうしてはいけない」「それを相手は望んでいない」と決めつけるのではなく、相手がどう考えているのかを知ろうとすることが大切ですし、場合によっては素直に甘えてみることを考えてみてはいかがでしょうか。