• 連載数:全5回
  • 紹介文:恋人との喧嘩で素直に謝れなくなってしまったら、工夫して「ごめんなさい」のひと言を相手に伝えてみましょう。
2015.12.15

食事へのお誘い

食事へのお誘い世の中には、ケンカをしている時はとても強気でいられたのに、ひとりになった途端、「交際が破たんしたらどうしよう」「せっかく出会いの機会を得たのに、嫌われたらどうしよう」と、ぐるぐると弱気な考えに囚われたという経験を持つ人はことのほか多いのではないでしょうか。
どうやって仲直りのきっかけをつかむべきか、まずは何をするべきかを考え始めたら、眠れなくなったという人もいるかもしれません。

出会いから間もない頃は、「ごめんなさい」のひと言は割と簡単に出てきたはずです。
それは、関係がまだ不確かな状態であることから、維持のための努力を惜しまない時期であり、嫌われたくない、より好ましいと思って欲しいという願望が強く働いていることから、そのために必要な態度や言葉を瞬時に選ぶことができた時期だったからでもあるのです。

ですが、関係が長くなってくると、大抵の場合、人は「横柄」になってきます。
それは、関係や絆が深まってきたことに対する自信から芽生える「甘え」が原因で、相手が自分の都合のいいようにしてくれるはずだと思い込んだり、この程度のことであれば許してもらえるはずだという独自の考え方を持ってしまうからなのです。
ですが、「驕れる人も久しからず」の言葉の通り、そうした態度こそが破たんを招くのだということをしっかり心に留めておかなければなりません。

「こめんなさい」のひと言は、なかなか口にはできない、けれど仲直りはしたいという人は、まずは食事に誘ってみることをお勧めします。
ちょっとハードルの高いお店や、恋人の好きなスイーツを扱っているお店などをチョイスすることで、相手はあなたからの「思い遣り」を感じ取ってくれることでしょう。
それに応じてくれた時には、今度こそ、「ごめんなさい」のひと言を相手に伝えるべきですし、そのための勇気を持つことも大切です。
「気まずい」のであれば、まずはきっかけとして、食事に誘ってみてはいかがでしょうか。