• 連載数:全5回
  • 紹介文:恋人との喧嘩で素直に謝れなくなってしまったら、工夫して「ごめんなさい」のひと言を相手に伝えてみましょう。
2015.12.15

小さなプレゼント

小さなプレゼント出会いから間もない時期には、自分たちがケンカをするだなんて考えてもみなかった、という人もいるのではないでしょうか。
カップルの多くは、出会いから間もない時期には、自分たちがケンカをするようになるとは想像したことはなかったでしょうし、破たんが訪れる可能性についても考えたことはなかったことでしょう。

ですが交際が長くなり、互いに対する信頼度や理解度が深まれば深まるほど、落とし穴は増えてくるものなのです。
それは、「驕り」が出てくるからです。
相手は理解してくれているはず、許してくれるはずという「甘え」は、やがて「驕り」へと育ってゆき、すれ違いや誤解を招くようになります。

ですから、交際が長くなればなるほど、言葉の使い方に気をつけなければなりませんし、互いに対する思い遣りの心を忘れないよう心がけることが大切になってきます。
そうしたことに気をつけていてもなおケンカになってしまった場合には、素直に謝ることが一番の解決方法です。

ところが、大人になるとそれはとても難しく、なかなか実行に移すことができないという人もいることでしょう。
その場合に有効なのが、プレゼントを贈ることです。
相手が欲しがっていたものがある場合にはそれを、それが分からない場合には、あなたなりに誠意を尽くして選んだものをプレゼントして、言葉にはできない分、カードなどで「ごめんなさい」の気持ちを伝えてみましょう。

ケンカをしたからといって、即、破たんを望んだり、交際をやめてしまいたいと考えたりする人はいません。
多くの場合、仲直りの方法を考えるものですし、そのきっかけが欲しいと願っているものなのです。
ですから、自分に非があると自覚している人は、こうしたプレゼントを利用してそのきっかけを作ることが大切ですし、「ごめんなさい」の気持ちと共に差し出されたそれを無碍にできる人はまずいないので、仲直りをしたいと考えている時には有効に活用するべきでしょう。