• 連載数:全5回
  • 紹介文:恋人との喧嘩で素直に謝れなくなってしまったら、工夫して「ごめんなさい」のひと言を相手に伝えてみましょう。
2015.12.15

デジタルは使わない

デジタルは使わない恋人とケンカをした時には、謝り方にひと工夫加えることが大切です。
もちろん、ストレートに「ごめんなさい」を伝えることができればそれに越したことはないのですが、「そのひと言は、ありがとうの気持ちを伝えるよりも難しい」と考える人も多いことでしょう。
大人になると、重みのあるひと言ほど、口にはできなくなってゆくものなのです。
それが、多くの幸せやチャンスを逃すことになっているのかもしれないと気づいていても、なかなか改善できない、それが大人でもあります。

ですが、恋人を失いたくないのであれば、そんなことを言っている場合ではありません。
出会いから間もない頃はともかく、交際期間が長くなってきたカップルは、どれだけ気持ちを言葉にして伝えることができるかがとても重要になってきます。
出会いから間もない時期は相手に対して寛容ですし、言葉にして気持ちを伝えることに対する抵抗も薄いため、さまざまな感情を言葉にして伝えようと努力する人が多く、ケンカになった場合でも許したり、素直に謝罪できるケースが多いのですが、月日を重ねるうちに、人はそれをとても難しいことだと感じるようになってゆくものなのです。

ですから、言葉ではない方法を用いて謝罪の気持ちを伝えようと考える人はことのほか多く、その際選びがちなのが、メールやメッセージアプリケーションを使用した手軽な手段なのです。
ですが、そもそも伝えなければならないのはとても重みのある言葉なのですから、伝えるための手段も、それ相応のものを選ぶべきでしょう。
そこで選択肢のひとつとして出てくるのが、デジタルではない文字によって伝える「手紙」という方法です。

「手紙なんて書いたことがない」という人も現代では多いでしょうが、だからこそ「伝わる」ものがあるのだということをぜひ覚えておいてください。
滅多にしないとをしてくれたという事実は、相手の心になにがしかの温かい感情を芽生えさせますし、それが仲直りのきっかけになることもあるのですから、デジタルの味気ない文字ではなく、仲直りを望んでいる時には自分の文字で、自分の気持ちを表してみることをお勧めします。