• 連載数:全5回
  • 紹介文:共感覚を持つ人に出会えた場合には、交際がスムーズに進むケースが多いので、気が合う人との出会いは大切に。
2016.01.26

気楽さの大切さ

写真世の中には、「似たもの夫婦」という言葉があります。
これは、一緒に過ごすうちに、互いの性格やものごとに対する考え方が似てきた夫婦を指す言葉ですが、実のところ、そうした夫婦は出会いの場で互いを見初めた時既に、将来は似たもの夫婦になるだろう「素」を備えていたのです。
その「素」とは、一体何なのでしょうか。

「似たもの夫婦」と称される人の多くは、出会いの時に、互いに対して「気が合う」と感じたというひとが多いということをご存じでしょうか。
交際を決めるポイントは人それぞれで、第一印象だけで決めてしまったという人もいれば、話題が豊富だったり、合ったりすることから選んだという人もいることでしょう。
そうした、「これだ」というポイントではないけれど、「気が合う」と感じて、だから交際を始めてみたという人は意外と多いのではないでしょうか。

ものごとに対する考え方が似ている、受け止め方が似ている、なにかを目にした時の感想や感覚が似ているという、漠然とした心地良さが決め手になったという人は、「気が合う」からその相手を選んだということなのでしょう。
そうしたカップルの方が、話題や第一印象で交際を決めたカップルよりも、ケンカになるケースが少なく、また長続きする傾向にあるというのは、そうした相手と過ごすことは心への負担が少ないということなのかもしれません。

交際は、楽しいことばかりではありません。
だからこそ、一緒にいて心休まる、気楽な相手であることが大切なのでしょう。
感覚を共有できたり、考え方が似ているということは、困難に遭遇した時にとても心強いということでもあります。
ですから、出会った時のインスピレーションはとても大切ですし、話題が豊富で楽しませてくれるということも大切でしょうが、「気が合う」相手かどうかという判断基準をそこに加えると、より良い相手を見つけることができるのだということを心にとめて、そうした場へと赴くことがお勧めです。