• 連載数:全5回
  • 紹介文:共感覚を持つ人に出会えた場合には、交際がスムーズに進むケースが多いので、気が合う人との出会いは大切に。
2016.01.26

伝わることの嬉しさ

写真出会いの際、あなたはどんな理想を抱いてそうした場所へと赴くのでしょうか。
カッコイイ人やカワイイ人といった、外見的な理想でしょうか。
それとも、優しい人や楽しい話題を提供してくれる人でしょうか。
多くの場合、なにかしらの理想を抱えて、出会いの場へと足を運んでいることでしょう。

ですが、交際相手を決める時に最も重要視するべきなのは、外見でも話題の豊富さでもなく、「自分と気が合うかどうか」という点なのだということを覚えておいてください。
なぜなら、外観はおしゃれをすることで取り繕うことができますし、話題が豊富であることと、その人の人柄とはイコールでつながるものではないからです。

短い会話の中から、相手のひととなりを見極めるのはとても難しく、だからこそ人はどうしても外観や話題の豊富さに気を惹かれてしまいがちですが、そうした短い会話の間でも、「感じる」ことはそう難しいことではありません。
話し方が自慢気で「感じが悪い」といった印象や、自分に気を遣ってくれていて「感じがいい」という印象は、短い時間でもつかむことができますし、交際を決める判断材料としても有効なことでしょう。

中でも、「気が合う」と感じた場合には、大きなプラスポイントだと考えた方がいいでしょう。
気が合うというのは、漠然とした感覚ではありますが、人間関係を築くうえではとても重要なことなのです。
それは、恋愛の場においても変わりません。
自分と似た感覚や考え方を持っているということは、気持ちを察しやすいということであり、察してもらいやすいということでもあるからです。

恋愛は、互いを思い遣ったり気遣ったりし合って関係を深めてゆくものですから、そうした感覚を持っているというとはとても重要ですし、大切なことでもあるのです。
どれだけ話題が豊富でも、気持ちが伝わらなければ良好な関係を築くことはできませんし、互いの気持ちが伝わり合ってこそ、絆や関係は深まってゆくものなので、交際相手を選ぶ際には、ぜひ「気が合う」人を見つけてください。