• 連載数:全5回
  • 紹介文:周囲に憧れられる二人とは、互いについての理解を深め合うだけでなく労わり合ったり思い遣り合ったりしあうカップルです。
2016.02.09

憧れのふたり

写真学生の頃などは、先輩や友達が交際を始めると、「あんな風になりたい」「こんなカップルに自分もなりたい」という理想を抱いたという人も多いのではないでしょうか。
ですが、出会いの機会を求めている時は、「恋人が欲しい」という気持ちが先に立ち、「どんなカップルになりたいのか」といったことや「どんな交際をしてゆきたいのか」という部分はまだぼんやりとしていることが多いことでしょう。

そんな人であっても、出会いから少しばかり時間が経つと、互いのひととなりについて詳しくもなってきますし、自分たちの「理想の形」も見えてくるようになるのではないでしょうか。
そうすると、相手が気に入ってくれた長所を伸ばそうという考えや、交際を始めたことで気付いた短所をなくしてゆこうという気持ちが湧いてきますし、そうすることが長く良好な関係を続けるためには必要なのだということにも気付くようになるでしょう。

そうした努力は、周りから「理想的だ」と思われることも「見習うべきスタイルだ」と思われることもあるかもしれません。
なににつけ、「憧れられる」ということは、素晴らしいものを持っているということでしょう。
つまり、カップルとしての理想的なスタイルを維持しているということであり、そのための努力が周りから認められたということでもあるのですから、関係を続けてゆくうえでの励みになることは間違いないでしょう。

交際は、ふたりのためのものではありますが、周りに影響を及ぼしたり、手本にしたいと思われるような交際ができているのであれば、それは素晴らしいことですし、自分たちの関係に対する自信にするべきです。
かつて友人や知人の交際に憧れたように、今度は憧れられる立場になる、それを目標にして交際を進めるというのは、互いを高めあうことであり、関係を育てる努力を惜しまないということでもあるのですから、互いにとってプラスになることはあれど、マイナスになることなどないのですから、ぜひ実践してみるべきでしょう。