• 連載数:全5回
  • 紹介文:将来にわたって交際を続けてゆける関係になりたいと考えているのであれば、焦らず情報を収集することがお勧めです。
2016.02.23

まずは知ること

写真イベントや紹介で、好ましいと感じる人に出会い交際へと至った場合、大切なのは互いについての情報交換をまめに行うことです。
出会いから交際へと発展したところで安心してしまう人も多いようですが、恋愛は、その関係を維持できるかや、より良好な関係を築くことができるかが大切であり、むしろ、交際はスタート地点でしかないのです。
「交際しましょう」「そうしましょう」と言葉を交わしたことで関係が成り立つのではなく、関係を築いてゆく努力が必要になるということです。

そのために大切なのが情報交換です。
互いがどんな趣味や嗜好を持っているのか、どういったことに関心があるのか、なにが好きで何が苦手なのかといったことを知ることで、恋人に対する気遣いの心や労りの心を育ててゆくことは、親密な関係を築くためにはとても大切であり重要なことでもあります。

上質で良好な関係を築きたいと考えているのであれば、情報収集も焦ってはいけません。
人は、往々にして他愛ない話の中にとても重要な、その人のひととなりにつながるような情報を織り交ぜて話す傾向にあるので、ゆっくりと時間をかけて情報を収集し、少しずつ、確実に互いについて必要不可欠な情報を集めることが大切なのです。

関係を築くことを急がない、のちのちのためにもじっくりと互いを知る、それが恋愛においてはとても重要だということができるでしょう。
恋愛に限らず、人と人とが関係を持つ場合には、まず互いのひととなりについて知る必要があります。
信頼するに値するのか、誠実な関係を築いてゆけるのかの判断をするためにもそれは大切なことなので、交際がスタートしてから、互いについての情報を十分に得られるまでは、交際を続けてゆけるかどうかを判断するための、いわば「お試し期間」ということもできるかもしれません。

焦らず、じっくりと知ることは、的確な判断をするために必要なことであるだけでなく、互いに対する信頼を深めてゆくためにもひと役買ってくれるので、ぜひ実践してみてください。