• 連載数:全5回
  • 紹介文:将来にわたって交際を続けてゆける関係になりたいと考えているのであれば、焦らず情報を収集することがお勧めです。
2016.02.23

適齢期は年齢ではない

写真出会いの機会が欲しい、そう考えるのはどんな時でしょうか。
ずいぶんと長い間恋人がいなかったからでしょうか、それとも、なにかを分かち合える相手が欲しいと思うようになったからでしょうか。
イベントの時期や季節などによっても、そうした気持ちになるという人は多いかもしれません。
ですが、「出会いが欲しい」と思うその動機が、家族や友人からの「恋人はいないの」といったひと言であった場合、注意をする必要があるでしょう。

なぜなら、人に促されてそうした機会を求め、交際に至った場合には、往々にして破談になるケースが多いからです。
自分の意思ではなく、人の言葉に惑わされて始めた交際の場合、「恋をしたい」という気持ちや、「なにかを分かち合える相手が欲しい」といった希望が乏しく、関係を継続しようという意思も弱いことから、破たんしてしまうことが多いのです。

家族や友人は、時に「適齢期」などという言葉を使ってあなたに恋人や結婚相手を探すよう言ってくるかもしれませんが、そもそも、「適齢期」というのは特定の年代を指す言葉ではなく、恋愛や結婚に適した、そうしたいと思えるようになった年齢を指す言葉であるべきなのです。
なぜなら、人は、ひとりひとり考え方も成熟度も違うのですから、人によって、恋愛を望むようになる時期も、結婚を意識するようになる時期も違って当然だからです。

ですから、周りが結婚したり恋人ができたりしているからといって、「自分もそうしなければ」と思う必要はありませんし、そうした焦りは失敗を増やすだけなので、まずは「自分らしくあること」を自分で認めてあげることが大切です。

そうして心にゆとりができた時の方が、周りをよく見ることができますし、心に余裕があれば、さまざまなことを考えられるようにもなるでしょう。
恋は、意外とそうした「意識していない時」に訪れたりするものなので、焦らず、慌てず、まずは自分のペースを作って過ごすことが大切なのだということを覚えておいてください。