• 連載数:全5回
  • 紹介文:恋における強迫観念に囚われてはいないでしょうか?他の事にも目を向けてみるという事も出会うきっかけになります。
2016.03.10

恋愛は運がカギを握っている

恋愛は運がカギを握っている近年恋愛をする事に臆病になり、結果、出会いに恵まれないと嘆いている人がとても多いと言われていますが、恋愛というのは、たしかに出会いが一つのカギを握ってはいますが、出会う事だけが恋愛におけるキーポイントなのでしょうか?

人と人が出会うという事は、たしかに大事なカギとはなりますが、そのカギを手に入れる事が出来るかどうかというのは、ある意味、運やタイミングが握っていると言っても過言ではないのではないでしょうか?例えば、せっかく出会いであったとしても「本当にこの人が自分の恋愛の対象となりうるのだろうか」とか「この人は本当に自分の事に興味、あるいは恋愛対象と見てくれるのだろうか」とかある種の強迫観念のようなものにさいなまれる事も多いのではないでしょうか?

実はこの、ある種の不安であるとか強迫観念のようなものは、誰しも100%恋愛の始まりに自信を持っている人などいないであろうと予想が付くことからも、逆に運を天に任せるくらいでかまえる方がいいのかもしれません。
というのも本当にその出会った人と恋に落ちるのであれば、じっとしていても黙っていても不思議と恋愛の流れへと引き寄せられていくものなのではないでしょうか。

例えば、その人と恋に落ちたいのに、なぜか空回りばかりしている気がする。
そういった場合には、空回りするからと逆にあの手この手で策を練ると、返って空回りを助長してしまう結果につながるのではないでしょうか?では、そういった時には、どのように対処すればいいのでしょうか?実は、そういった時におススメな対処法としては、何もしない、これに尽きるのです。
何もしないでいていいのか?不安になることもあるかもしれませんが、 逆風が吹いているなと感じる時には、あえて逆風に立ち向かわないで流れに身を任せてみる。
こうする事で、本当にその相手と縁があるのか、それとも新しい風が吹いてくるのか、自ずと結果が付いてくるものなのです。