• 連載数:全5回
  • 紹介文:結婚を前提の交際へとシフトした時点で、互いの家族に挨拶や、家族についての情報提供を行うことが大切。
2016.03.24

家族への気遣い

写真友人や同僚として出会い、長くそうした関係を続けているうちに互いのことを好きになり、交際へと進む時点で、「結婚を前提に」と考える場合もあれば、出会い系のイベントなどで出会い、長く交際を続けるうちに結婚を考え始めたというカップルもいることでしょう。
後者の場合、「恋人が欲しい」という気持ちからのことが多く、出会った当初から結婚を意識していたというカップルは少ないかもしれません。

ですが、どちらのパターンであっても、相手のひととなりへの理解が深まるにつれ好意も深まってゆき、その結果、「結婚」を決意したという点に変わりはないのではないでしょうか。
また、結婚を前提とした交際へとシフトした場合であっても、実際に結婚するまでに時間がかかる人もいれば、それを決意した瞬間からそのための準備を始めたという人もいることでしょう。

結婚を前提とした交際をする場合には、結婚資金を溜めたり、式場や日取りといった具体的なことを決める前にしておかなければならないことがあります。
それは、互いの家族への報告と、家族への気配りです。
恋愛にしろ結婚にしろ、これは当事者の問題であると考える人は多いでしょうが、実際には、互いの家族を含めた広範囲の人たちにもかかわることなのです。
当事者が「必要はない」と言っても、縁戚関係になる以上、互いの家族は相手の家族に対して何らかの気遣いをすることになりますし、当人たちの幸せをと考えれば、円満な関係を築いておきたいと考えるからです。

ですから、結婚を前提の交際へとシフトした時点で、互いの家族に挨拶をすることはもちろんのこと、相手の家族に、自分の家族についての情報提供を行うことが大切ですし、相手の家族についての情報収集をし、自分の家族へと伝えることも大切になってくるのです。
そうした事前準備をしておくことは、スムーズに結婚へと進むための布石でもあるので、面倒臭いなどと思わず実行することがお勧めです。