• 連載数:全5回
  • 紹介文:結婚を前提の交際へとシフトした時点で、互いの家族に挨拶や、家族についての情報提供を行うことが大切。
2016.03.24

互いを理解すること

写真「結婚を前提に交際してください」というセリフは、テレビや映画などでもよく聞くものですが、出会いの時点でそうしようと考えている人はあまり多くはないのではないでしょうか。
結婚とは、生涯を共にするということです。
そのためには、互いのひととなりをしっかりと理解していなければなりませんし、「理解する」とは言っても、それは一朝一夕にできることではないのですから、むしろ、初対面でそうしたことを言われた人の多くは戸惑うのではないでしょうか。

もちろん、出会い系のイベントにもさまざまなものがあり、最初から「結婚を前提とした交際を希望している人」が集まるものもあるでしょう。
ですが、やはり結婚というものは、互いのひととなりをよく理解したうえで考えるべき事柄であることから、そうした場合は「結婚願望を持っている人」と考えた方がいいのではないでしょうか。

「結婚相手を見つけたい」「結婚につながるような交際をしたい」という希望を持っている人同士であっても、まずは互いについて知らなければ、そうできるかどうかの判断をすることはできないでしょうから、互いへの理解を深めることから始めるべきでしょう。
その上で、改めて「結婚を前提とした交際」へと進むことがお勧めなのです。

友人たちが次々と結婚してしまった場合や、周りから「いい人はいないのか」などと聞かれ、結婚を意識するようになったという人の場合、結婚できる人と交際を始めたいと考えがちのようですが、相手のことをきちんと理解しないまま結婚へと進んでしまうと、上手くゆかなかったり破たんしてしまうこともあるので、交際期間を設け、しっかりと相手のひととなりについてを知り、理解を深めた上で結婚することが大切なのです。

「結婚を前提にお付き合いしてください」という言葉は、なにも、交際を始める時に使わなくてもいいのです。
相手のひととなりが理解でき、将来は結婚したいと思った時に告げればいいのだということを覚えておいて、まずはしっかりと互いへの理解を深めましょう。