• 連載数:全5回
  • 紹介文:結婚を前提の交際へとシフトした時点で、互いの家族に挨拶や、家族についての情報提供を行うことが大切。
2016.03.24

結婚へと進む前に

写真職場の同僚や友人として出会い、長く良好な関係を続けてきた人同士が交際へと至った場合、既に互いのひととなりを十分に理解していることから、結婚を前提とした交際になる場合が多いのではないでしょうか。
そうした、同僚や友人として出会った場合は、出会い系のイベントなどで出会った場合よりも取り繕ったりすることが少ない分、ひととなりを理解し合うまでに長い時間を要しないのがポイントでもあり、結婚へと進む際には強みにもなることでしょう。

恋愛から始まる場合には、どうしても相手によく思われたい、より好ましいと思われたいという気持ちが強く働き、取り繕ってしまったり過剰に装ってしまうことが多いため、そうした部分を取り除いた、「素」の状態の交際相手を知るまでにはずいぶんと時間がかかるものなのですが、異性として意識していない場合には何気ない会話の際に「素」の部分が見えたりするものなので、互いを異性として意識している場合よりも、互いのひととなりを理解しやすいということができるでしょう。

そうして、人としての好ましい部分を見つけたり、理解したりしていくうちに「異性」として意識するようになったのだとしたら、ほかのケースと同様に「交際」から始めるとしても、それはもう「結婚」を前提としたものなのでしょうし、そこへと進む準備もほぼ整っているということができるのではないでしょうか。

結婚を決意するためには、まず互いのひととなりをしっかり理解していることが大切であり、次は、労わり合うことができる存在であるか、思い遣り合うことができる存在であるかということが大切なのです。
この両方ができている、もしくはできると判断できなければ、結婚へと進んでもすぐに関係が破たんしてしまったりするので、結婚を前提とした交際の場合でも、これらの確認をちゃんと行うことが重要ですし、結婚を前提としているのであれば、そのための努力を行うべきでもあるのだということをぜひ心に留めておいてください。