• 連載数:全5回
  • 紹介文:互いに気遣い合うことが長く交際を続けてゆくためのコツであり秘訣ですので、照れくさがらずに伝えましょう。
2016.04.21

お泊りの心得

写真出会いから間もない時期は、誰もが「早く親しくなりたい」「いま以上に良好な関係へと進みたい」と考えるものなのではないでしょうか。
そのためにも、出会いから間もない時期には互いについての情報交換をこまめにするべきですし、のちのちのためにも、互いの趣味や嗜好についてをしっかり覚えておくべきでもあるでしょう。
なぜなら、交際が長くなってくると互いの部屋を行き来するようにもなってきますし、そうした際、相手の嗜好を理解しておくことは話題を豊富にしてくれますし、好みに合った食事などを提供することもできるので、とても重要な情報だということができるのです。

また、そうした情報交換をしておくことは、相手の生活習慣を知るためにも重要です。
交際から間もなくに考える人はあまりいないかもしれませんが、関係が深くなり、互いへの理解が進んだところで、将来に備えて同棲してみよう、または結婚を考えようという話になった場合には、互いの生活パターンだけでなく、習慣についての理解を深めることも重要だからです。
交際期間中に、互いの部屋を行き来することがあれば、そうした事柄にも気遣うべきでしょう。

一定の時間を互いの部屋で過ごすだけでなく、互いの部屋へと泊まる際には、相手への気遣いを忘れてはいけません。
特に、女性の側が男性の部屋へと泊まる場合には、男性の側は細やかな気遣いをしてあげるべきでしょう。
日頃自分が使っているものではなく、新しいタオルを用意したり、バスルームやトイレなどの汚れを点検しておくこともお勧めです。

「次」を期待しているのであれば、初回にはそうした細やかな気遣いをしておくべきですし、そうした気遣いができるのだということをアピールしておくことは、将来のためでもあるので、男性の側は、女性を部屋へと招く際にはいままで交換した情報を丁寧に思い出し、趣味や嗜好について振り返ってみることがお勧めですし、それに基づいたおもてなしを心がけることが重要なのだということを心に留めておいてください。