• 連載数:全5回
  • 紹介文:互いに気遣い合うことが長く交際を続けてゆくためのコツであり秘訣ですので、照れくさがらずに伝えましょう。
2016.04.21

気持ちを伝えること

写真交際を望んでいる人の多くは、出会いの際、まずは互いの連絡方法の交換から始めるのではないでしょうか。
出会いから交際へと進んだ関係が長続きするかどうかは、密に連絡を取り合い、互いについてできるだけ多くの情報交換を行うことができるかどうかにかかっていると言っても過言ではないことから、経験上それを知っている人は、そのための手段を手に入れようと考えることでしょう。

デートに誘う時も、相談をする時も、そうしたツールがなければ話は始まりませんし、恋愛という関係を育ててゆく上で大切な、互いに対する気持ちを伝え合うためにも、そうしたツールはとても大切だということができるでしょう。
ですが、どれほどさまざまなツールを手に入れたとしても、それを上手く活用することができなければ、宝の持ち腐れと言わざるを得ません。
また、社会人同士の交際の場合、連絡を取る際には、常に相手の立場や環境を気遣う必要があるでしょう。

ですから、交際を始めた時点で、連絡可能な時間帯について話し合っておくことがお勧めですし、そのルールを守って連絡を取り合うことが大切です。
急ぎの場合には、どういった手段を使うかをふたりで決めておくことも重要でしょう。
反対に、急ぎの用事がある訳ではなく、デートのお礼や、ちょっと目にした素敵な光景などを伝えたいなどという場合には、SNSやメッセージアプリケーションなどではなく、メールや、さらにレトロな手紙という手段を使うこともお勧めです。

特に、女性に対しての場合には、こうした手段は有効だということができるでしょう。
なぜなら、ロマンチックなことが嫌いだと言う女性はまずいませんし、女性はそうした形として残るものを大切にする傾向があるからです。
こうした方法は、プレゼントを贈る際にも有効です。
日頃の感謝やお祝いの気持ちを伝える時、女性が喜ぶだろう気遣いを添えることは、男性の側の株が上がるだけでなく、関係を深めてもくれるのでお勧めの方法でもあるのです。