• 連載数:全5回
  • 紹介文:好感度高めることは、関心へとつながるものなのでアプローチの方法を習得しましょう。
2016.05.05

興味を持たせる

興味を持たせる恋人が欲しいと考えている多くの人は、出会いの場で大切なことは、「どんな風にアプローチをするか」だと考えているのではないでしょうか。
出会いの場では時間が限られていることから、効率のよいアプローチの方法を考えておくことは重要です。
大抵の場合、「相手に印象を持たせる」ことをメインに考えがちですが、実は、それよりも「相手に興味を持たせる」ことの方が重要ですし、効果的でもあるのです。

自分がどういった人物であるかをアピールすることも重要ですが、恋愛という関係においては、自分のことを「知りたい」と思わせることがなにより重要です。
なぜなら、相手のことを知りたいという欲をもつことが、好意の始まりだからです。
ですから、自己紹介の際に、いかに相手の興味を惹くことができるかによって、交際へと発展するかどうかが決まると言っても過言ではありません。

そのためには、アプローチの方法も工夫しなければなりません。
自分のことをあれこれ並べ立てるだけではなく、自分についての「触り」の部分だけを紹介し、相手が興味を示してくれたなら、その場で続きを話してしまうのではなく、「デートをした時にゆっくり話しましょう」など、次の機会が欲しい旨を伝えることがポイントです。
あなたに対する関心が強ければ、デートの約束を得ることができるでしょうし、交際へと進むことも可能でしょう。

反対に、相手のことに関しては、できるだけ情報を引き出せるよう努力することが重要です。
短い会話の間にどれだけ情報を引き出せるか、その中から、相手が褒められると嬉しいと思っているところや、好んでいる話題を見つけることができたなら、それを話題にしてデートへと誘うことが大切ですし、そうすることで、相手は「覚えていてくれた」と、あなたに対する好感度を高めてもくれることでしょう。
好感度は、あなたに対する関心へとつながるものなので、こうしたアプローチの方法をぜひ覚えておいてください。