• 連載数:全5回
  • 紹介文:好感度高めることは、関心へとつながるものなのでアプローチの方法を習得しましょう。
2016.05.05

まずは自分から

まずは自分から恋人が欲しいと考えた場合、多くの人は出会い系のイベントへと参加することを考えるのではないでしょうか。
そうした気持ちを持って参加したにもかかわらず、「出会い待ち」をする人は意外と多く、何回か参加してみたけれど、思うような成果は得られなかったという人もいることでしょう。

それは、積極性が欠けているからであり、自分に対する驕りがあるからだと言うこともできるのではないでしょうか。
「待つ」という姿勢は、「参加していない」のと変わりないのだということを理解してください。
そうした場所で、コミュニケーションを取ることなく待っていると、あまりいい印象を与えないものですし、「サクラ」なのではないかという誤解を与えることにもなりかねないので、注意が必要です。
「サクラ」とは、人がたくさんいるように見せかけるためのニセの参加者のことです。

そんな風に思われてしまえば、誰もアプローチしてきませんし、「恋人が欲しい」と考えている人たちの集まりにあって、待っているだけというのは、「声をかけてもいいですよ」という高飛車な態度と取られかねないので、やはり控えた方がいいでしょう。

そうした場所で大切なのは、自分からアプローチすることです。
好ましいと思う異性を見つけたなら、自分から積極的にアプローチし、色よい返事がもらえるよう、自分の方から連絡先を渡すことが大切です。
もちろん、相手の連絡先を尋ねても構いませんが、「あなたに興味があります」というアピールをするためにも、自分の側の連絡先を渡し、連絡が欲しい旨を伝えることがお勧めです。

もし、相手が連絡先を教えてくれたなら、それを受け取るだけでなく、その場で相手の印象についてひと言ふた言メモを追加して受け取ることが大切です。
そうした行動は、意外と相手の印象に残るものですし、「興味を持っている」と伝えるには有効な手段でもあるので、ただ受け取るだけでなく、そうしたひと手間を加えることがお勧めです。