• 連載数:全5回
  • 紹介文:想いの伝え方は誰かと同じである必要はありません、自分から言葉で気持ちを伝えることは大切なことなのです。
2016.05.19

告白のタイミング

写真あなたは、告白をする「タイミング」をどんな風に決めているでしょう。
両想いが確信できた時でしょうか、それとも、ライバルがいると分かった時でしょうか。
告白する相手や、その時点での関係性によっても、そのタイミングは変わってくることでしょう。
その後の関係も、告白のタイミングによって変わってくることを思えば、できるだけ空気を読んで伝えることが大切です。

既に出会い、知り合いになっているという場合の告白は、タイミングがすべてです。
両想いを確信していても、いままでの関係から一歩進むためには勇気が必要で、互いに機会を窺うことで時間ばかりが過ぎてしまいがちですが、どうせなら、そうして過ぎてゆく時間はふたりで過ごすために使うべきではないでしょうか。
ですから、既に知り合いになっている、顔見知りになっているという場合には、告白を待つのではなく、自分から告白しにゆく勇気を持つことが大切です。

こうしたケースの場合、出会いから知り合いになり、恋心を自覚するまでも随分と時間を費やしているのですから、これ以上、時間をかける必要はないのではないでしょうか。
ある程度のひととなりも理解できていることから、相手がどういったシチュエーションを好むのかについての情報も、ひとりになるタイミングも、ほかの場合よりも遙かに計りやすいことでしょう。

情報があるのであれば、相手から告白されることを待つのではなく、タイミングを計って自分から行動を起こすことが大切です。
なぜなら、告白された方は、告白してくれた方へと、より関心を持つ傾向にありますし、好感度が高まる傾向にもあるからです。
ですから、既に知り合っていて、両想いだろう確信が持てている場合には、率先して告白するべきですし、行動を起こすことは、今後、関係を築いてゆく上でのカギを握ることでもあるのだということを覚えておいてください。

片思いの相手へと告白する時よりも、両想いの確信が持てている相手への告白の方が、よりタイミングが重要なのだということを心に留めて行動に出ることをお勧めします。