• 連載数:全5回
  • 紹介文:想いの伝え方は誰かと同じである必要はありません、自分から言葉で気持ちを伝えることは大切なことなのです。
2016.05.19

デートのお誘い

写真友人や知人からの紹介で交際を始めたという人であっても、出会い系のイベントがきっかけで交際を始めたという人であっても、関係を深めてゆくためには、積極的にデートを行う必要があります。
ですが、出会いの場で初デートの約束をして、それは滞りなく済ませたものの、忙しいのか、連絡はくるものの次のお誘いがなかなかなく、もどかしい思いをしているという人もいるのではないでしょうか。

ストレス社会と言われている現代では、社会人は常に忙しく、また残業や休日出勤に追われることも多く、思うようにデートができないという人もいることでしょう。
相手の立場などを考え、忙しいのだろうと気遣うことも大切ですが、忙しいからこそ気晴らしは必要ですし、恋人と過ごす時間も大切なのだと考えて、時間を作ってくれるのを待つのではなく、自分の側からデートに誘ってみることが大切です。

そうしてみれば、案外共通の空き時間を見つけることができるかもしれませんし、相手もまた、あなたの側の事情を慮って、デートへ誘うことを遠慮していただけかもしれないので、やはり、遠慮をしてばかりいるのではなく、どちらかが行動を起こすことが大切なのです。
そして、「会いたい」という気持ちを表すためにも、自分の側から行動を起こすことが重要なのだということを覚えておいてください。

もし、そうしてみた時に時間が取れなかったとしても、はっきりと次の約束を取り付けることができなかったとしても、それでガッカリしてはいけません。
「あなたが会いたいと考えている」ことはしっかりと伝わったのですから、相手も、なんらかのアクションを起こそうと考えてくれるはずだからです。
恋愛という関係は、互いを労わり合ったり思い遣ったりすることで関係が育つものですが、時には自分の想いを相手へとぶつけることも大切なのだということをぜひ心に留めておいてください。
それは、ワガママなどではなく、関係を深めるために必要なことなのです。