• 連載数:全5回
  • 紹介文:外国籍の異性と交際を望むのなら言葉の壁は翻訳アプリや語学教室に通って克服することができます。
2016.06.02

時代はインターナショナル

写真ひと昔前であれば、外国籍の人との出会いは特殊なケースだったかもしれませんが、現在では多くの外国人が日本に観光や就労、そのほかのさまざまな目的で来日していることから、異国の人との出会いもそう珍しいことではなくなっているのが実情です。
国際結婚もずいぶんと当たり前のことになり、異国の人が相手だから反対する、結婚は許さないという感覚では、反対に周りから時代遅れだと指摘される世の中へと変わってきているくらい、いまでは当然のことになってきています。

ですから、その前の段階の交際も、いまや珍しいことでもなければ、それを理由に反対することなど考えられない、あってはならないという風潮に世の中は変わってきています。
とうの昔に、日本という国はインターナショナルな国として世界の仲間入りを果たしていて、人種や国籍で人を差別することは愚かだという考え方が当然になってきていますし、そうしたことに囚われず恋愛ができる環境にもなってきているのだということを、恋愛の当事者だけでなく、周りも理解しておかなければならない状況になっているのです。

ですから、出会いの機会を求める人たちが集うイベントなどにも、外国籍の人が参加するのは当たり前になってきました。
日本での滞在が長い人などは、言葉にも問題がなく、コミュニケーションも難なく取れることから、日本人と交際するのと変わらないと感じる人も多いのではないでしょうか。

よしんば、互いの母国語が理解できない、コミュニケーションを取ることが難しい場合であっても、現代ではさまざまな翻訳機能が充実していることから、それらが交際をする上での障害になることはまずないでしょう。
それだけ、外国籍の人たちは身近になってきているということですし、そうした恋愛もまた当たり前の世の中になってきているということなのです。
ですから、アプローチされた際も尻込みするのではなく、積極的にコミュニケーションを取ることがお勧めですし、好ましいと感じたのであれば、交際を考えてみてはいかがでしょうか。