• 連載数:全5回
  • 紹介文:外国籍の異性と交際を望むのなら言葉の壁は翻訳アプリや語学教室に通って克服することができます。
2016.06.02

障害の乗り越えかた

写真「恋人は外国人だ」と言うと、「言葉の壁は大丈夫なのか」「文化の違いは障害になっていないか」と心配する人もいまだ多いようですが、なんらかのきっかけで出会い、交際が成り立った時点で、当人たちはそれらの問題をクリアしているということなのではないでしょうか。
出会いの場でそれらをクリアすることができていなかったとしても、それをクリアして行こうという意思があるからこそ交際を始めたのでしょう。

人種や国籍を超えた恋がしてみたい、そうした人たちと出会って見聞を広げたり、互いに成長し合えるような恋がしてみたいと考えている人は世の中には多いことでしょう。
ですが、上に書いたように、「言葉が通じなかったらどうしよう」「物事の考え方や習慣が違っていたらどうしよう」もしくは、「家族に反対されるのではないか」といった心配が先に立ち、気になる人が周りにいたとしても、なかなかアプローチをすることができないでいるという人も少なくないのではないでしょうか。

ですが、これらの問題は、当事者に解決する意思さえあれば、然程難しく考えなくても大丈夫なのです。
互いが、互いの母国語を学ぶことは、さまざまな語学教室が充実している現代では難しいことではありませんし、細かいニュアンスまではなかなか伝わらないとしても、通信用の端末やタブレット端末に翻訳用のアプリケーションを入れれば、おおよそのコミュニケーションを取ることも可能だからです。

恋愛における「障害」は、当人たちがそれを「障害だ」と思い込むことで発生するものであって、「乗り越えられる」という信念を持っていれば、それは「障害」たりえないのだということを心に留めておいてください。
コミュニケーションの方法が確保できれば、たとえ文化の違いや生活習慣の違いがあったところで、それらについて話し合うことも、理解し合うことも可能になる訳ですから、それらを理由にして、尻込みしてしまうことは残念なことですし、気になる人が近くにいるのであれば、ぜひアプローチしてみてください。