• 連載数:全5回
  • 紹介文:ロマンティックな恋を始めたいのであれば紹介などではなく、イベントへ足を運んでみることをお勧めします。
2016.07.14

偶然と必然

写真出会いには、偶然と必然とがあるということをご存じでしょうか。
出会い系のイベントなどへ足を運んだ場合であっても、まったく縁のなかった人と交際を始めたという人もいれば、会話をしてみたら共通の友人がいたり、以前なんらかの縁があった人で、多少気心が知れていることから交際を始めたという人もいることでしょう。
後者の場合、そうしたイベントへ参加していなくても、いずれ友人や「縁」伝いで出会うことになったかもしれません。
ですから、そうした場所で会えたことは「偶然」だと言えます。
望んでいたことは「恋人ができること」であって、誰と「縁」ができるかの予想はまったくできていなかった状態だからです。

一方で、好印象を抱いた人と再会する機会というのも人生ではよくあることです。
仕事上のつき合いがある人や所属しているサークルに籍を置いている人など、会う機会はそこそこ多く、好ましい人物だという認識ではいたものの、恋愛対象としては見ていなかった人というのはいるものです。
ですが、繰り返し会ううちに「この人と交際したい」「恋人になりたい」と考えるようになり、そのための行動を起こしたのだとしたら、その人と交際できるようになったことは「必然」だと言うことができるのではないでしょうか。
もちろん、そうした行動のすべてが上手くいく訳ではないことを思えば、それもまた「偶然」だと言う人もいるかもしれませんが。

いつどこで、どんな風にして恋が訪れるかは誰にも分かりません。
そういう意味ではどの恋も「偶然」であり、ロマンティックな出来事だと言うことができるのかもしれませんが、対象を見つけて、自分からアクションを起こした「恋」よりは、たまたま好ましいと感じる人に出会えたという方がよりロマンティックだと言うことかできるのではないでしょうか。
ロマンティックの定義は人によってさまざまでしょうが、ロマンティックな恋を始めたいのであれば、紹介などではなく、イベントへ足を運んでみることをお勧めします。