• 連載数:全5回
  • 紹介文:ロマンティックな恋を始めたいのであれば紹介などではなく、イベントへ足を運んでみることをお勧めします。
2016.07.14

いつか王子様が

写真出会いの機会が欲しいと考えている人の中には、「機会を作るのではなく、機会が訪れるのを待ちたい」と考えている人も大勢いるのではないでしょうか。
きっかけを作って始める「恋」もたしかに「恋」ではありますが、自分の良さを知った上で自分のことを選んでくれる人と出会いたいという気持ちは誰もが持っているはずです。
そうして始まる「恋」は、とてもロマンティックだと考えている人もいるかもしれません。
「いつか王子様が」という有名なフレーズがありますが、恋人が欲しいと願う人たちの中から自分を見つけてくれる人がいたなら、それはとても幸せな出来事です。
ですから、「その時」を待ちたいと考える人がいても不思議ではありません。

ですが少しだけ見方を変えると、イベントへ足を運ぶことは「舞踏会へ参加する」ということだと考えることもできるのではないでしょうか。
あなたを見つけてくれる人は舞踏会に参加している人かもしれないことを思えば、見つけてもらう機会を早めるだけであって、それはあなたの理想から外れることではないはずです。
あなたに興味を抱いた人は、あなたのことを理解しようと考え声をかけてくれるでしょうし、その上で交際を申し込んでくれるのだとしたら、むしろ、あなたが理想とする出会いと大きな差はないのではないでしょうか。

多くの参加者の中からあなたを見初めて声をかけてくれたのだとしたら、それはロマンティックな出来事ですし、「その時」が訪れたと考えてもなんら問題はないでしょう。
物語のプリンセスたちは、「そうした素晴らしい人がいる」という噂を耳にした王子によって見つけ出されるのです。
ですから、まずは「認識されること」が重要なのだということを覚えておいて、イベントへと足を運んでみることが大切ですし、見つけてくれた人からのアプローチにはしっかり応えることがお勧めです。
王子さまに存在を知ってもらうことができなければ、恋が始まることはないのですから。