• 連載数:全5回
  • 紹介文:アプローチに迷った時はまず聞き役に回り、相手から好印象を得てから話を進めることがお勧めです。
2016.07.28

聞き上手になる

聞き上手になるあなたは、出会いの場ではどういった人がモテると考えているでしょう。
話題が豊富な人でしょうか、それとも、おしゃれが上手な人でしょうか。
どちらも、出会いの場では重要なスキルだと言うことができますが、そうした場所で一番モテるのは、聞き上手な人なのだということを覚えておいてください。
こうした場所に限らず、これは、どんなケースでも使うことができるスキルなので、誰かと良好な関係を築きたいと考えている場合には、まず聞き役に回ることが大切ですし、聞き上手になることをお勧めします。

人は、自分の話を聞いてくれる人に対し、好意を抱く傾向にあります。
なぜなら、「関心を持ってもらえている」と感じることができるからです。
ですから、好意を抱いて欲しいと思う相手の前では、自分について語るのではなく、まず相手の話を聞く姿勢をとることが大切です。
それが交際へ進む確率を上げることにもつながるのだということを覚えておいて、ぜひ実践してみてください。
逆に、自分のことばかり話す人はそうした場所では興味を持たれにくいのだということも覚えておきましょう。
自分のことばかり話していると、「この人は、自分にしか興味のない人」だと思われてしまうことになりかねないので、気をつけなければなりません。

相手の「話を聞くこと」は、「あなたに興味があります」というアピールとして受け取られるので、率先して取るべき行動だと言うことができるでしょう。
ですが、恋人が欲しいから聞き上手になろうと考えてみても、そうしたスキルは直ぐに身につくものではありません。
ですから、日頃から、同僚や友人の話に耳を傾けるクセをつけておくことが大切ですし、どういった尋ね方をすれば相手が喜ぶのか、好感をもってもらえるのかについても注意しながら会話を楽しむことがお勧めです。
このスキルは仕事の上でも役に立つので、社会人であれば身につけておくべきスキルだと覚えておくとプラスになります。