• 連載数:全5回
  • 紹介文:アプローチに迷った時はまず聞き役に回り、相手から好印象を得てから話を進めることがお勧めです。
2016.07.28

思い遣りと労り

思い遣りと労り出会いから交際へと進み、互いについてのひととなりが理解できてくると、互いがどういった時にどういうフォローを求めているのか、どういった時にストレスを溜めてしまいやすいのかということも理解できるようになってきます。
ストレス社会と言われている現代では、日々、知らず知らずのうちにストレスが溜まっていることも多く、気づいた時には体調を崩してしまっていたという人もいるのではないでしょうか。
ですから、恋人がストレスの溜まりやすい仕事に就いている場合などは、思い遣りや労りの気持ちを持って接してあげることが大切です。
そして時には、ストレス解消のため話を聞いてあげることもお勧めです。

もちろん、一方がどちらかに対してだけそうした気持ちを持つのではなく、互いに対して労りの気持ちや思い遣りの気持ちを持って接することが大切ですし、そうすることで恋愛という関係は育ってゆくのだということを覚えておいてください。
そうした気持ちを養うためには、互いについてしっかりと理解し合う必要があることから、出会いから交際へと進むことができたら、情報交換をじっくりと行い、恋人への理解を深めるための努力をすることがお勧めです。
またそうすることは将来のためにも大切なのだということを、しっかりと覚えておいてください。

「話を聞く」という行為は、「あなたに興味があります」という意思表示でもあるので、恋人がストレスを溜めている時だけでなく、普段のコミュニケーションの方法としてもとても有効だと言うことができます。
興味があるということは、関心があるということであり、すなわち「好きだ」ということでもあるので、「話を聞かせて欲しい」と言われた相手は、そこに労りの気持ちや思い遣りの気持ちが込められているのだということに気づくことでしょう。
なぜなら、そうした気持ちは、「好き」という気持ちを持つ相手にこそ向けられるものなのだということを経験上知っているからです。