• 連載数:全5回
  • 紹介文:アプローチに迷った時はまず聞き役に回り、相手から好印象を得てから話を進めることがお勧めです。
2016.07.28

自分にできること

自分にできること恋人が欲しいと願い、出会いの場へと足を運んではみたものの、自分から積極的にアプローチをするのがどうにも苦手だという人も非常に多くいるのではないでしょうか。
ですが、出会いの場では会話の機会を持つことが重要であることから、アプローチが苦手な人はそれだけで不利だと言わざるを得ません。
それでは、好ましいと思った相手と会話の機会を持つために、そうした人はどうすればいいのでしょうか。
ここでは、もっとも簡単な方法をお教えします。

自分についてアピールすることが苦手だという人は、まずは好ましいと思った相手の話を聞くところから始めることがお勧めです。
なぜなら、人は自分の話を聞いてくれる人に対して非常に好意を抱く傾向にあるからです。
また、「話を聞かせてください」と伝えることは「あなたに関心を持っています」という意味であり、そうした場所では十分アプローチとして通用する言葉なのだということを覚えておいてください。
ですから自分について語ることが苦手だという人は、まずは聞き役に回って、相手の話に耳を傾けることをお勧めします。
アピールは周りと同じことをすることが大切なのではなく、自分にできる、自分に向いた方法ですればいいのです。

そうしたアプローチは、相手に「好ましい人」という印象を持たせることができますし、そうした印象を持ってくれたのであれば、相手の方からもあなたの話を聞きたいと言ってくるはずなので、相手が話してくれたことを参考にして、自分についての情報を開示すればいいのです。
こうした方法であれば、あまり緊張を伴うことも、なにを話せばいいのかと迷うこともないのではないでしょうか。
ですから、アプローチに迷った時は、まず聞き役に回ることが大切で、そうして相手からの好印象を得てから話を進めることがお勧めなのです。
「アプローチは、まず自分にできることから」ということをしっかりと心に留めて、そうした場所でぜひ実践してみてください。