• 連載数:全5回
  • 紹介文:恋愛期間中の喧嘩は悪いものではなく、お互い不満を溜め込むよりも本音をぶつけ合い解決策を探ることで良い関係を築く事ができます。
2016.09.15

ケンカ両成敗

ケンカ両成敗なんらかのきっかけで出会い、交際へと進むことができた場合、「この関係を壊したくない」「長く良好な関係を続けてゆきたい」と考える人は多いのではないでしょうか。
出会いの機会というのは作ることができますが、だからといって交際へと進むことができるとは限らないことから、「この縁を大切にしたい」と考える人が多いのは当然のことなのかもしれません。
ですが、そうして交際を始めたカップルであっても、いずれケンカをする日がやってきます。
それは、関係が深まってきたことで、互いに驕りや甘えが出てきたからに他なりません。
「理解してくれているはず」といった気持ちや、「これくらいのことであれば許してくれるはず」といった思い込みがケンカの原因になっているケースはことのほか多いのです。

交際を始めて間もない頃には、気持ちを言葉にして伝えていたカップルであっても、関係が進んでくると、「恥ずかしい」といった理由などから口にしなくなり、「好き」という気持ちだけでなく、そのほかの気持ちまで言葉にすることを省略するようになってしまうものです。
その結果、どちらもが思い込みで相手の気持ちを量るようになり、すれ違いが生まれたり誤解が生まれたりして、結果、ケンカになってしまうようです。
こうした時期のケンカは、どちらかにだけ原因があるのではなく、どちらにも原因があると言うことができるでしょう。
ですから、ケンカのあとには、「ケンカ両成敗」ということで、互いに対して謝罪の言葉を伝えることが大切なのです。

そして、気持ちを言葉にして伝え合うことをしなくなったことが原因だということをしっかりと理解し、改める努力を始めるべきでしょう。
ケンカをした際には、なにが原因だったのかをきちんとふたりで考えて、反省の機会にするべきなのです。
そうできないカップルは、一度は凌ぐことができても、いずれそれが原因で関係が破たんしてしまうことでしょう。
そうならないためにも、日頃から気持ちは言葉にすることをお勧めします。