• 連載数:全5回
  • 紹介文:好意を持った相手へのメールアドレスの聞き方は、決して強引ではなくよい印象を持ってもらってから聞き出しましょう。
2016.11.24

会社でアプローチ

会社でアプローチ会社で出会い、気になっている異性のメールアドレスを知りたいと思った時、その聞き方について充分考えてしまうものです。
アプローチ方法を間違えてしまうと仕事にも影響を与えてしまうことがあるのでそうならないように、会話中にさりげなく連絡先を知りたいと言ってメールアドレスを聞いてみると良いでしょう。
もしそれが出会ってから全く連絡先を交換していない場合はかなり効果的です。

勤務先が同じだと毎日職場で顔を合わせる環境にいるためチャンスは十分にあり、たとえライバルがいたとしても完全に有利です。
外回りが多く、部署が違うというケースもありますが接する機会は多いはずですので、毎日メールアドレスを聞くチャンスがあると言っていいでしょう。
廊下ですれ違ったり休憩所でばったり会ったりした時にちょっと世間話をしながらメールアドレスをさりげなく相手から聞き出すなど、その機会をしっかりと見極めることが必要です。

また仕事以外でもそのチャンスはあります。
例えば、飲み会や懇親会などです。
もし幹事を担当する場合、メールアドレスも情報手段として活用できます。
必要事項を伝えなければならないといった理由で相手からメールアドレスを手に入れることもできるのです。
さらに気になっている人に役割を任せるという策をとった場合、メールで連絡しなければならないというシチュエーションが生じます。
このように理由はどうであれ、相手のメールアドレスや電話番号を聞き出す状況をつくることは出来るのです。
恥ずかしがってはいけません。
絶対に手入れるぞという強い意志が距離を縮められるかならないかの分かれ目となるのです。