• 連載数:全5回
  • 紹介文:好意を持った相手へのメールアドレスの聞き方は、決して強引ではなくよい印象を持ってもらってから聞き出しましょう。
2016.11.24

無理して連絡先を交換しない

無理して連絡先を交換しない連絡先をいかにして出会いから気になっている人から聞き出すか、容易では無いと思えてしまうこともあるでしょう。
しかしメールアドレスや連絡先の交換方法はこれという決まったものはありませんので、自分に合った方法を知人から聞き出したりインターネットなどで調べたりしておきましょう。
そうすると理想的な聞き出し方を見つけることができます。

例えば、互いの連絡先を交換することを提案してみる方法です。
出会いからずっとメールアドレスなどを交換したことがない場合、連絡先を交換したいとストレートに提案してみるのです。
相手も損がないと判断した時には交換に応じてくれるはずなので、簡単に聞き出せます。

しかし、交換を提案した時に相手からの抵抗感を如実に見ることもあります。
こうなった時は無理をしないで改めてコミュニケーションを取っていくように心がけてください。
強引にアプローチをかけていくと、嫌われてしまうこともあります。
相手がイライラしないように、無理に交換するのだけはやめておきましょう。

そして会社であれば仕事用のメールアドレスもありますので、強引に個人のメールアドレスを飲み会などで聞き出すのはやめましょう。
アプローチで接点を生み出すことができたならば、そこから徐々にコミュニケーションを取りタイミングを見計らいながらメールアドレスを聞いてみましょう。
あくまでも自然に聞くことが重要で、業務に関わっている時に改まって聞いてしまうと、自然さを失いギクシャクしてしまうこともあります。
仲が良ければ連絡先を交換して当然、という気軽な雰囲気でメールアドレスを聞いてみるといいでしょう。