• 連載数:全5回
  • 紹介文:好意を持った相手へのメールアドレスの聞き方は、決して強引ではなくよい印象を持ってもらってから聞き出しましょう。
2016.11.24

悩みや依頼をしながら

悩みや依頼をしながら出会いからずっと気になっている異性へストレートにメールアドレスを聞くのが苦手という人は、あらかじめ悩んでいることや聞き出したいことをまとめてからアプローチをしていくといいでしょう。

相手に質問や疑問点を投げかけ、さらに頼みごとをすることで、メールアドレスを聞き出すチャンスを作り出せるようになります。
「どうしても分からない点を聞きたいので連絡先を交換したい」という非常時用としてメールアドレスを聞き出すことができます。
何かしら問題が生じた時、相手や自分しか分からないシチュエーションができた時の備えとして互いの連絡先が必要だという理由です。

問題を解決していくために必要だからであり、そこに個人的な好意が含まれているとはその時点では相手も考えて構える素振りは見せないでしょう。
悩み相談や急用時には互いの連絡先を知っていることでメリットとなることがあるのです。
問題が発生した際に解決の役に立ちたい、リスクをどうにか解消させたいという気持ちを相手に芽生えさせるようにすると、メールアドレスや電話番号を教えてくれるはずです。

この方法のメリットは、相手に対して相談などを持ちかけながら自分の気持ちは隠ししたままで連絡先を聞くことができるという点です。
気持ちをストレートに伝えずにそんな姑息な手段を使うなんて道理に反しているんじゃないかという考えを持つ方ももちろんいらっしゃるでしょう。
しかし、皆が皆、強い心の持ち主ではないのです。
それでも恋に前向きになるためには自分に合った方法で相手にアプローチをかけていくことこそが大切なのではないでしょうか。
気持ちが見えてしまうのが怖いという時には、お勧めの方法です。
そしていつしか恋の悩みや相談となり、二人の距離は近づいていく可能性があるのです。